主婦のキャッシングについて

主婦がキャッシングを利用する理由とは?


主婦の人がキャッシングを利用する理由は、個別にさまざまにありますが、最近の傾向としていちばん考えられるのはショッピングです。ネットで簡単に物を買えるようになってしまったために、買い物の心理的なハードルが下がってしまいました。それがいちばん大きな理由といえます。そのほか、結婚前に作っていた借金の返済などが挙げられます。

ネットの活用がキャッシングを促しています


主婦にはストレスがあり、家庭や育児、夫との関係、近所づきあいなどで買い物に走る・・・、というのは今に始まったことではありませんので、大きな理由ではありません。昔だって主婦の立場でストレスを感じている人はいたでしょうし、世間的な圧力なども大きかったと思います。

そこが主婦がショッピングに走る大きな理由とは考えません。確かにストレスを感じている人はいますが、それはみんな同じです。それよりも重要だと考えるのは、ネットの普及によって簡単に買い物ができるようになってしまったからです。

昔ならば直接お店に行ってお金を渡して買い物をしなくてはいけませんが、今ならばパソコンの画面上でワンクリックで完了です。お金のやり取りもなく、後日口座から引き落としになるので、買い物をしている実感がなく、買いすぎてしまうということがあります。

匿名性の落とし穴


そのほか、結婚前にあった借金の返済なども理由としてあげられますが、共通するのは、キャッシングに際しても匿名性が強く、あまり借金をしているという実感がないのです。買い物も簡単にできますし、キャッシングの手続きも、パソコン上で書類を提出したりして実際に店舗まで行かなくても可能。

そうした匿名性、実感のなさが思わぬ方向で作用して、必要以上の借金や買い物をしてしまうことにつながっています。

キャシングが恥ずかしいことだとか決して思いませんが、心理的なハードルが下がっていることがよいことなのか悪いことなのか、立ち止まって考えてみる必要があるのかもしれません。

尚、審査のについては消費者金融の審査を参照ください。